ブログ

【Google AdSense】ファーストプライスオークションに移行 ~広告掲載メディア・広告主のメリットを解説~

■記事の要約

  • Google 、コンテンツ連動型広告配信サービス「Google AdSense」の広告掲載入札形式をファーストプライスオークションに移行を発表
  • ファーストプライスオークションへの移行は、2021年後半に完了予定
  • 今回のサービス変更に伴うサイト運営者側の対応は不要

「Google AdSense」ファーストプライスオークションに移行

Google は、WEBサイト向けに提供しているコンテンツ連動型広告配信サービス「Google AdSense:Google アドセンス」の広告掲載入札形式を、これまでのセカンドプライスオークションからファーストプライスオークションに移行すると発表しました。

今回の変更に伴う、広告掲載メディア・広告主のメリットを解説していきます。

広告主・広告掲載メディアとは

広告主:WEBサイトに広告を掲載したい企業・個人。広告費をGoogleに支払う側。広告枠の落札者。

広告掲載メディア:WEBサイト運営者、WEBサイトの広告枠を広告主に提供し、Googleから収益を受け取る側。

セカンドプライスオークション、ファーストプライスオークションの特徴

セカンドプライスオークションの特徴

  • 入札額が一番多かった落札者が、二番目に多かった入札額に+1 円を足した金額で落札することができる
  • 落札額が高くなりにくい
  • 落札金額が複雑で分かりにくい

ファーストプライスオークションの特徴

  • 一番高値を提示した落札者がその金額で落札できる
  • 落札額が高くなる可能性がある
  • 落札金額がシンプルで分かりやすい

広告掲載メディア・広告主のメリット

■「Google AdSense」のオークションモデルを合理化

広告主のメリット:デジタル広告に対する支出の信頼性を高める(支出の不確実性を減らす)。

広告掲載メディアのメリット:信頼性の高い収益をもたらす(収益の確実性を高める)。

サイト運営者の対応

「Google AdSense」のファーストプライスオークションへの移行は、2021年後半に完了する予定です。

これらの変更はGoogle側で自動的に更新されるため、サイト運営者側の対応は不要です。

おわりに

ブロガーにとって、「Google AdSense」の規約変更は収益に直結します。

Googleのアナウンスでは収益に変化が見られない可能性を示唆していますが、実際にどのような影響が出てくるのかは未知数ですね。

今後も引き続き注視していきましょう。

インデックス登録でGoogle検索順位向上を目指す「URL検査ツールの使い方」に関しては、下記の記事で紹介しているのでこちらもぜひ見てくださいね。

こちらもCHECK

【URL検査ツールの使い方】~インデックス登録でGoogle検索順位向上を目指す~

Googleの検索順位向上を目指すには、インデックス登録*が欠かせません。 ちなみに、そのインデックス登録をサポートするツールをGoogleが"無料"で提供しているのはご存じでしょうか? 今回はブログ ...

続きを見る

おすすめ証券会社

LINE証券

LINE証券の特徴

  • 1株単位で数百円から株が買える
  • LINEポイントを使って投資ができる
  • 業界最低水準の取引コスト

LINE証券 口座開設(無料)


LINE証券 公式ページ




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジェスター

ブロガー × 投資家 × WEBマーケティング職 × 30代前半|ブログにて投資&ブログ初心者に向けた情報を発信🖋️|優待生活に挑戦中✨|夢は世界を自由に旅する投資家🌏|関西出身やで|米国&全世界インデックス投資|株主優待|都内不動産投資|暗号資産|FP3級

-ブログ
-, ,

© 2022 ジェスターの資産づくり研究所 Powered by AFFINGER5