投資

米国高配当ETF「VYM・SPYD」共に増配を発表 ~2022年3月度~

米国高配当ETFのVYMとSPYDが、共に2022年3月度の増配を発表しました。

今回は、前回2021年度からの増額幅、配当金シミュレーションの結果をご紹介します。

2022年3月度配当金「VYM・SPYD」

VYM・SPYDの今回の配当額と、前回分を比較したのが次の表です。

配当額2022年3月度 ($)2021年3月度 ($)
VYM0.6620.656
SPYD0.6530.636

VYMで+0.006$、SPYDで+0.017$の増配になります。

また、今回の増配に伴い年間配当利回りはVYMが2.76、SPYDが3.56に上昇しました。

ジェスター

たとえ少しでも、配当金が増えるのは投資家としてモチベーションが上がるね。

配当金シミュレーション

現在、私はVYMを40株、SPYDを100株保有しています。

試しに配当金を計算してみると...

(26.49$+65.27$)×122円(ドル/円 レート) ⇒約11,200円(税抜)

税抜きで約11,200円の配当金が受け取れるようです。

ジェスター

配当金が月1万円を超えてくると、1カ月分の通信費と光熱費がカバーできるから助かるね。

おわりに

今回は、2022年3月度における、米国高配当ETFのVYM・SPYDの増配をご紹介しました。

今後も引き続き両ETFを注視していきたいです。

投資手法としては、基本は一定額を買い進める「ドルコスト平均法」を活用していきます。

ちなみに、VYMとSPYDを含む「初心者におすすめの投資信託4選(ETF)」については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみて下さいね。

こちらもCHECK

【米国株投資】初心者におすすめの投資信託4選(ETF)

投資初心者にとって、米国株投資はハードルが高そう・・・と感じてしまうかもしれません。 一方で、米国は今後も人口増加が見込まれています。 米国の人口は、2019年の推計では3億2,906万人でした。20 ...

続きを見る

今回は以上になります。

ここまで見て頂きありがとうございました★

おすすめ証券会社

LINE証券

LINE証券の特徴

  • 1株単位で数百円から株が買える
  • LINEポイントを使って投資ができる
  • 業界最低水準の取引コスト

LINE証券 口座開設(無料)


LINE証券 公式ページ




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ジェスター

ブロガー × 投資家 × WEBマーケティング職 × 30代前半|ブログにて投資&ブログ初心者に向けた情報を発信🖋️|優待生活に挑戦中✨|夢は世界を自由に旅する投資家🌏|関西出身やで|米国&全世界インデックス投資|株主優待|都内不動産投資|暗号資産|FP3級

-投資
-, ,

© 2022 ジェスターの資産づくり研究所 Powered by AFFINGER5